【Nintendo Switch/スイッチ】後悔しないLANケーブルの選び方

スイッチにおすすめのLANケーブル

ルーターとスイッチドックの距離が5m未満の場合

  • カテゴリー7 or 7Aを選ぶ(スプラトゥーン2やフォートナイトプレイヤーはカテゴリー8)
  • ルーターとスイッチドックまでの距離を測り、50cmくらい余裕ある長さを選ぶ
  • 「より線」でもよいが、あれば「単線」を選ぶ
  • ケーブルタイプ(形)は「スタンダード」を選ぶ

通販サイトでは『LANケーブル カテゴリー7 長さ』と検索

ルーターとスイッチドックの距離が5m以上の場合

  • カテゴリー7 or 7Aを選ぶ(スプラトゥーン2やフォートナイトプレイヤーはカテゴリー8)
  • ルーターとスイッチドックまでの距離を測り、50cmくらい余裕ある長さを選ぶ
  • 必ず「単線」を選ぶ
  • ケーブルタイプ(形)は「スタンダード」を選ぶ

通販サイトでは『LANケーブル カテゴリー7 長さ 単線』と検索

ノイズの影響を受ける可能性があるので、ルーターとスイッチドックの距離はできる限り5m未満にとどめることを推奨します。

おすすめする理由はどうでもいい方は、ここまで(結論)読んでいただければ十分です。これより先はお勧めする理由・理屈です。

LANケーブル-カテゴリー比較表-

カテゴリー(規格) CAT5 CAT5e CAT6
通信速度 100Mbps 1000Mbps(1Gbps) 1000Mbps(1Gbps)
道路の速度に例えると 時速10キロ 時速100キロ 時速100キロ
伝送帯域 100MHz 100MHz 250MHz
道路の車線数に例えると 1車線 1車線 2.5車線
対ノイズ性能 UTP(シールドなし・スペーサーなし) UTP(シールドなし・スペーサーなし) UTP(シールドなし・スペーサーあり)
適合するイーサネット規格
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 1000BASE-TX
おすすめ ADSL 光回線/モバイルWi-Fi 光回線/モバイルWi-Fi
カテゴリー(規格) CAT6A CAT7 CAT7A CAT8
通信速度 10000Mbps(10Gbps) 10000Mbps(10Gbps) 10000Mbps(10Gbps) 40000Mbps(40Gbps)
道路の速度に例えると 時速1000キロ 時速1000キロ 時速1000キロ 時速4000キロ
伝送帯域 500MHz 600MHz 1000MHz 2000MHz
道路の車線数に例えると 5車線 6車線 10車線 20車線
対ノイズ性能 STP(シールドあり(不等断面)・スペーサーあり) ScTP(2重シールドあり(網線シールド)・個別シールドあり) ScTP(2重シールドあり(網線シールド)・個別シールドあり) ScTP(2重シールドあり(網線シールド)・個別シールドあり)
適合するイーサネット規格
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 1000BASE-TX
  • 10GBASE-T
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 1000BASE-TX
  • 10GBASE-T
  • 10BASAE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 1000BASE-TX
  • 10GBASE-T
  • 100BASE-TX
  • 1000BASE-T
  • 1000BASE-TX
  • 10GBASE-T
  • 40BASAE-T
おすすめ 光回線(nuro光 6・10Gbps/au光 5・10Gbps) 光回線(nuro光 6・10Gbps/au光 5・10Gbps) 光回線(nuro光 6・10Gbps/au光 5・10Gbps) なし/過剰スペック

カテゴリーとは

 『LANケーブル』にはたくさんの規格があり、これを「カテゴリー」といいます。

規格とは、標準としての定めた質や大きさ、形のこと。例えば日本人におなじみ、畳にも規格があります。

畳には大きさの異なる規格として4種類あり、「京間」とよばれる規格で作られている部屋もあれば、「公団間」という規格で作られている部屋もあります。

京間と公団間は畳1つの大きさが微妙に異なるので、例えば同じ4.5畳であっても広さが変わってきます。

それと同じように『LANケーブル』にも規格があります。『LANケーブル』の規格の違いは大きさではなく、性能です。

数字が増えるごとに性能が高くなります。

除外するカテゴリー

カテゴリー5以下を除外

 カテゴリー1・2・3・4・5は、スイッチどころか、光回線には合わないので除外します。

光回線の高速通信を活かしきれないのです。通販サイトを見てもカテゴリー5以下の『LANケーブル』は売っていないので、注意する必要はないかと思いますが念のため。

カテゴリー5以下を使ってスイッチを有線LAN接続しても、無線LAN接続(Wi-Fi接続)の通信品質に劣る可能性があるので逆効果です。

1Gbps光回線にぴったりな5eと6もスイッチ向けではないので除外

 カテゴリーが変わると理論上の最高通信速度も変わります。通信速度を交通ルールに例えるなら時速制限。

カテゴリー5の通信速度は100Mbpsですが、カテゴリー5eと6は1Gbps(1000Mbps)です。

これは光回線1Gbpsの高速通信と同じ速度です。ですから、ご家庭の固定インターネット回線が光回線1Gbpsの方は、カテゴリー5eまたは6を買いがちです。

価格もカテゴリー7などと比べると安いので、どうしても安いほうを購入したくなるでしょうが、スイッチには向いていないので除外してください。

カテゴリー5eと6がスイッチに向かない理由

①車線が少ないから(伝送帯域が狭いから)

 まず一つ目の理由は、カテゴリー5eと6の車線が少ないから(伝送帯域が狭いから)です。

カテゴリーが変わると「伝送帯域」の幅も変わるのですが、これを交通ルールに例えると車線です。

スイッチにてオンラインゲームをしている最中、様々なたくさんのデータを乗せた車が『LANケーブル』を走るところを想像してみてください。

カテゴリー5eと6の最大時速は1Gbps。光回線の通信速度も1Gbps。ぴったりではあります。

しかしカテゴリー5eは1車線しかありませんし、カテゴリー6は2.5車線しかありません。

スイッチのオンラインゲーム中はたくさんのデータが車で運ばれるわけですから、カテゴリー5eと6では確実に渋滞します。

車線が少ないがゆえ、いっぺんにたくさんのデータを運ぶことができないのです。オンラインゲーム中、これではデータが詰まるばかり。

渋滞するということは、画面上にラグや回線落ちを発生させかねないということに他なりません。

ですからカテゴリー5eと6は除外します。スイッチにてわざわざ有線LAN接続を選ぶくらいですから、除外することを強く推奨します。

②対ノイズ性能で劣るため通信が不安定になるリスクが高いから
対ノイズ性能(UTP/STP/ScTP)

 「LANケーブル-カテゴリー比較表-」の対ノイズ性能と上のイラストを見比べてみてください。

LANケーブル』の中身をイラスト化したものですが、カテゴリー5eと6は、イラストでいう左側の「UTPケーブル」です。

ただしカテゴリー5eにはスペーサーがなく、カテゴリー6には「STPケーブル」のようなスペーサーが用意されています。

なぜこのような仕切りで囲っているのかというと、銅線(イラスト銅色の丸)に電気信号が流れると電磁波を発生させ、隣同士影響を受けてしまうからです。

全体を囲う周りの外皮は、外からの電磁波からの影響を遮っています。Wi-Fiの敵でもある、電子レンジなどの電磁波です。

Wi-Fiは外皮というシールドで電磁波から守ることができないから電子レンジに弱く、有線LAN接続はシールドに守られているから電磁波という敵に強いということ。

そのようなりゆうから、「UTPケーブル」が採用されるカテゴリー5eと6は、電磁波の影響を受けやすく、通信速度の低下や通信が不安定になるリスクが高まるので、やはりオンラインゲームであるスイッチには向いていません。

LANケーブル 選び方の手順

  1. カテゴリーを決める(カテゴリー6A・7・7A・8の4択)
  2. 長さを決める
  3. 「より線」or「単線」を選択する
  4. ケーブルタイプを決める

カテゴリーを決める

カテゴリー7・7Aがおすすめ

 カテゴリー7と7Aは、最大の通信速度が10Gbpsですので、光回線の10Gbpsご利用の方でない限り、光回線1Gbpsには一見過剰スペックに見えます。

しかし「LANケーブル-カテゴリー比較表-」の「伝送帯域」と「対ノイズ性能」をチェックしてみてください。

車線の数(伝送帯域)はなんと6または10車線。さらに、ScTPケーブル採用で、体ノイズはばっちり。

車線の数が多いので、スイッチのオンラインゲーム中の大量なデータの出し入れでも渋滞せず、さらには電磁波の影響を受けにくいので、通信速度の低下や通信が不安定になるリスクはかなり減少することでしょう。

「スプラトゥーン2」や「フォートナイト」プレイヤーはカテゴリー8もあり

 カテゴリー8は車線の数(伝送帯域)がさらに多いので過剰スペック気味です。なにしろ最大通信速度40Gbpsに、車線の数(伝送帯域)は20車線。

ですが、「スプラトゥーン2」や「フォートナイト」をプレイされる方であれば、そのくらい余裕ある『LANケーブル』を使っておいて損はないでしょう。

「スプラトゥーン2」や「フォートナイト」プレイ中のラグや回線落ちを少しでも減らせる可能性があるのであれば、それだけフレンドへの迷惑も減らせます。

長さを決める

4.5・6・8・10畳(帖)のサイズの違い

 無線LANルーター(Wi-Fiルーター)からスイッチドックまでの距離を測ります。遠い場合には壁に沿って距離を測っておくとケーブルが邪魔になりません。

参考にできるかと思うので、4.5・6・8・10畳(帖)のサイズイラストを貼っておきます。

一般的には中京間が多いかと思うのでサイズは中京間で計算。京間と公団間のサイズ差が、10畳(帖)であれば、25〜50cmも違うので、多めに考えて置いた方が安心です。

また、ギリギリのサイズだと、後々ほんの少し移動するときに不便ですので、50〜100cmくらいの余裕を持っておくとさらに安心です。

おすすめの距離は5m未満

 無線LANルーター(Wi-Fiルーター)とスイッチドックの距離は、できる限り短くしておくことをおすすめします。

長いほどノイズの影響を受けやすく、通信速度の低下や通信が不安定になるリスクが上昇するからです。

一般的には5mを超えたあたりからノイズの影響が上昇するといわれていますので、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)とスイッチドックの距離は5m以内にしましょう。

「より線」より「単線」、5m超過は確実に「単線」を選ぶ

対ノイズ性能(UTP/STP/ScTP)

 重要なのでもう一度、ケーブルの中身のイラストを張っておきます。「UTP」「STP」「ScTP」それぞれ左右に2種類・合計6つのケーブルが描かれています。

左は「より線」右が「単線」です。7本の細い銅線をよりあわせているものが「より線」で、1本の銅線でできているものが「単線」。

当然ですが「単線」の方が断然に硬く、ケーブルを曲げることが難しいケーブルです。なので小回りが利きません。

大きな円を描くようにしか曲げることができないかと思います。しかしその分「より線」に比べて耐ノイズ性能が高いです。

ですからおすすめは、短い「単線」の『LANケーブル』カテゴリー7 or 7Aになります。

とはいえ『LANケーブル』の5m未満の多くは「より線」で、5m以上の多くは「単線」でできています。

5m以上のノイズ影響対策に「単線」が使われているのです。なので5m未満の「単線」は少ないので、できる限り「単線」を選ぶようにする程度の考えでいいかと思います。

一方どうしても5m以上の『LANケーブル』が必要な場合は、必ず、確実に、「単線」を選ぶようにしましょう。

ケーブルタイプ(形)を決める

 最後にケーブルタイプを決めます。

通常の太さであるスタンダード(特になんの記載もないもの)、平らなフラット、使いやすい極細、断線しにくい金属製外被があります。

フラットはカーペットの下を通す際などに便利。極細は配線周りをすっきりさせたい場合に便利です。

ただし、『LANケーブル』の「より線」と「単線」構造の違いによる差を見て分かる通り、銅線が細くなるということは、ノイズの影響が大きくなり、通信が不安定かつ低下するリスクが増加するということを忘れてはなりません。

なので理由がない限り、通常の太さを持つスタンダードタイプをオススメします。

金属製外被はもっとも頑丈ですが、ペットなどに噛み切られてしまう恐れがない限り、スタンダードタイプの方が使いやすいのでそちらをお勧めします。

まとめ

ルーターとスイッチドックの距離が5m未満の場合

  • カテゴリー7 or 7Aを選ぶ(スプラトゥーン2やフォートナイトプレイヤーはカテゴリー8)
  • ルーターとスイッチドックまでの距離を測り、50cmくらい余裕ある長さを選ぶ
  • 「より線」でもよいが、あれば「単線」を選ぶ
  • ケーブルタイプ(形)は「スタンダード」を選ぶ

通販サイトでは『LANケーブル カテゴリー7 長さ』と検索

ルーターとスイッチドックの距離が5m以上の場合

  • カテゴリー7 or 7Aを選ぶ(スプラトゥーン2やフォートナイトプレイヤーはカテゴリー8)
  • ルーターとスイッチドックまでの距離を測り、50cmくらい余裕ある長さを選ぶ
  • 必ず「単線」を選ぶ
  • ケーブルタイプ(形)は「スタンダード」を選ぶ

通販サイトでは『LANケーブル カテゴリー7 長さ 単線』と検索

ノイズの影響を受ける可能性があるので、ルーターとスイッチドックの距離はできる限り5m未満にとどめることを推奨します。

スイッチにて、わざわざ「LANアダプター」を買ってまで有線LAN接続をしようと考える方は、無線でのオンライン通信に不満を感じている方でしょう。

もしくは「スプラトゥーン2」や「フォートナイト」などのTPSオンラインゲームをメインにプレイされている方でしょう。

不満を解消するためにわざわざ「LANアダプター」や『LANケーブル』を購入するのですから、その不満が改善できる正しい『LANケーブル』を選びましょう。

最新情報をチェックしよう!