【スイッチSwitch】microSDカードの必要性-容量(メモリ)不足に備える-

 スイッチを使っているといつか必ずだれにでも訪れる容量不足。ダウンロード版でゲームされる方はもちろん、パッケージ版派のあなたも例外ではありません。

しかしスイッチには、自由かつ簡単に容量を増やすことのできるmicroSDカードに対応しています。

スマホやカメラなどをご利用の方であればなじみ深い、あの小さな四角いカードのことです。

microSDカードがあれば、スイッチのゲームをするうえで容量の心配がなくなります。

これからスイッチを購入される方がこの記事を読めば、一緒に microSDカード を買わずにはいられなくなります。

スイッチ本体の内蔵容量はわずか 32GB

 Appleのスマホ・iPhoneの内臓容量(メモリ)は64GB・128GB・256GB・512GBから選択できます。

シャープのスマホ・AQUOSにはさまざまな種類がありますが、そのほとんどが128GB、多いもので256GB、少なくても64GBあります。

ソニーのスマホ・Xperiaにもさまざまありますが、そのほとんどが64GB。中には128GBのものもあります。

一方スイッチ本体の内蔵容量はわずか 32GB。システム領域として6~7GBの容量が使われていますので、実質利用できる容量25~26GBしかありません。

電話やSNSをするだけでなく携帯ゲーム機としての側面も併せ持つスマホと、同じ携帯ゲーム機として機能するスイッチはとても似た環境下にあります。

それにも関わらずスマホ以下の容量ですから、スイッチとmicroSDカードは切っても切れない関係といえます。

人気ゲームの多くは容量10GB越え

ゲームタイトル容量
スーパーマリオメーカー 22.9GB
アストラルチェイン( ASTRAL CHAIN)9.8GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド14.4GB
Xenoblade2 (ゼノブレイド2)13.1GB
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL15.7GB
The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)14.5GB
Minecraft(マインクラフト/マイクラ)948MB
ヨッシークラフトワールド5.6GB
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(ドラクエ11)13.5GB
フォートナイト バトルロイヤル9.1GB
ポケットモンスター ソード10.2GB
ポケットモンスター シールド10.2GB

 スイッチの大人気ゲームソフトをダウンロード&インストールするに必要な容量を表にしてまとめてみました。

マインクラフトは1GB以下の低用量。スーパーマリオメーカー 2も少なめです。しかしそれ以外のゲームタイトルに必要な容量は、32GBでは明らかに物足りません。

スマブラとゼルダの伝説を購入した場合、どちらか一方はもうインストールできません。

写真・動画・DLC パッケージ版でも遅かれ早かれmicroSDが必要になる

 スイッチ本体の容量32GBにたいして、各ゲームタイトルの容量を見てきましたが、明らかにスイッチ本体の容量が少なすぎると感じます。

しかし実は、スイッチには必ずしも大容量のストレージを必要としていない現実があります。

パッケージ版の場合ほとんど容量を必要としていないからです。

ゲームタイトルの購入方法は大きく2種類。Amazonなどの通販サイトや実店舗にてパッケージ版を購入するか、マイニンテンドーストアやAmazonにてダウンロードするかの2択です。

ダウンロード版のメリットは、カートリッジを交換しなくても、いつでもどこでもゲームすることができる点にあります。

一方カートリッジの交換を必要とするパッケージ版は、カットリッジそのものを持ち歩いていなければなりませんが、ほとんど容量が必要ありません。

セーブデータとアップデートなどで多少容量を消費するのみ。ゲームそのものはスイッチ本体にインストールしなくて済むのです。

しかし、アップデートや追加コンテンツ、画面の写真や動画撮影なんかをしていたらすぐに32GBの容量がいっぱいになります。

ですからゲームソフトをパッケージ版で購入される方であっても、microSDカードは必要です。

microSDカードに保存できるデータ

  • ダウンロード版のゲームソフト
  • ゲームソフトの追加コンテンツ
  • ゲームソフトの更新データ(セーブデータ以外)
  • キャプチャーボタンで撮影した画面写真/動画

 ほとんどのデータをmicroSDカードに保存できますが、セーブデータだけはmicroSDカードに保存できません。

しかし、最もデータ容量の大きいゲームソフトはもちろん、最も増殖率の激しい写真や動画もmicroSDカードに保存できるので、スイッチ本体の容量を圧迫せずに済みます。

まとめ:スイッチを使い続けるのであれば全員に microSDカード が必要

  • スイッチ本体の内蔵容量はわずか 32GB
  • 人気ゲームの多くは容量は10GB越え
  • パッケージ版でも遅かれ早かれmicroSDが必要になる
  • microSDカードにはセーブデータ以外を保存できる

 ここまでご説明してきたとおり、ダウンロード版でゲームされる方はもちろん、パッケージ版でゲームされる方にもmicroSDカードが必要です。

人気のゲームソフトの容量は10GB以上の容量を必要としていますし、パッケージ版でも更新や写真を撮ったりもするからです。

遅いか早いかの違いはあれど、スイッチでゲームしている限り確実にmicroSDカードの必要性を感じます。

容量が足りなくなってからmicroSDカードを購入すると、すぐにゲームができないなどのストレスを感じることもありますから、前もって準備しておきたいところです。

最新情報をチェックしよう!