SONY BRAVIA X8500Hスイッチの映像も動き滑らかくっきり4K/HDRテレビ

『BRAVIA X8500H』概要

  • 4Kアップコンバート
  • HDR10とHLGとDolby Vision対応&HDRリマスター対応
  • 「倍速駆動」+「モーションフローXR240」対応だから動き滑らか&くっきり
  • トリルミナスディスプレイ
  • 「バスレフ型スピーカー」搭載
  • 立体音響「Dolby ATOMS」対応
  • eARC対応HDMI
  • Bluetoothオーディオ対応
  • Wi-Fi接続可能
  • Android TV
  • 「Chromecast built-in」と「AirPlay 2」対応
  • 「Google アシスタント」と「Amazon Alexa」対応
  • BS4K・110度CS4K・地デジ それぞれダブルチューナー
  • 外付けUSBハードディスク対応

SONY BRAVIA 4K/HDR液晶テレビ

4Kだから近くで見られて大迫力

解像度の違いをイメージ化

 4K対応の『BRAVIA X8500H』。フルHDと4Kの違いは、上のイラストのようにきめ細やかさに4倍もの差があります。

映像は、たくさんの点というか、四角の集まりで構成。もちろん細かく分割されている方が輪郭滑らかで、とてもきれいです。

遠く離れて観る分には、フルHDも4Kもどちらで見ても同じでしょうが、お部屋に置くのですから、離れるにも限界があります。

例えば、最大1.5m離れてテレビ鑑賞できるお部屋にテレビを置くとしたら、フルHDの場合40インチ以下がおすすめです。

それ以上大きいサイズとなると、1.5m以上離れなければ画質の粗さが目立ってしまいます。

一方4Kの場合1.5mも離れて鑑賞できるのであれば、なんと80インチのテレビでもきれいな画質のままテレビ鑑賞可能です。

狭いお部屋でも、大画面で迫力と臨場感ある映像体験が可能です。

ホラーも恐怖で彩るHDR

SDRとHDRの違いをイメージ化

 上のイラストの左と右、どちらの方が人を視認しやすいでしょうか。もちろん、色の違いがはっきり表現されている右・HDRの方かと思います。

テレビで表現できる明るさ・暗さには、HDR対応と非対応で大きな差があるのです。

『BRAVIA X8500H』はHDR対応なので、明るいシーンも暗いシーンもはっきりくっきり見やすいので、ゲームや映画鑑賞に適しています。

ホラーゲームの場合ずっと暗いシーンが続きますが、突然大きな音で出現する驚きだけでなく、声やその見た目の怖さなんかでも恐怖します。

しかしSDRだとはっきりビジュアルが表現されず、よく見えないなんてこともあるので、恐怖が半減してもったいない場合があります。

スイッチの映像(フルHD)も4K相当でプレイできる

 「4Kアップコンバート」機能とは、フルHDや地デジ放送などのように、4K未満の解像度を4K相当に引き上げてしまうありがたい機能です。

任天堂スイッチ(Nintendo Switch)TVモード時の映像はフルHD。しかし『BRAVIA X8500H』でゲームすると4K相当のきめ細やかさでプレイできるのです。

Switchと地デジもHDR相当でプレイできる

 「HDRリマスター」機能とは、Switchや地デジ放送などのように、SDR(HDR非対応)映像であっても、HDR相当に引き上げてしまうありがたい機能です。

任天堂スイッチ(Nintendo Switch)の映像はSDR(HDR非対応)。しかし『BRAVIA X8500H』でゲームするとHDR相当の見やすさ(明るさ・暗さ)でゲームできます。

4K衛星放送もBlu-rayも動画配信もHDR

 スマホにiPhoneやAndroidとさまざまあるのと同じで、HDRにもさまざまあります。

「HDR10」「HLG」「Dolby Vision」。すべて明暗の表現技術のことであり、「HDR」のことです。

「HDR10」は最も多く使われている有名なHDR。「HLG」は4K衛星放送に採用されているHDR。

「Dolby Vision」は、動画配信サービスや4Kのブルーレイディスクなどで採用されるHDRです。

『BRAVIA X8500H』は、「HDR10」「HLG」「Dolby Vision」に対応。そのためPS4も4K衛星放送も動画配信サービスもBlu-rayもHDRで楽しめます。

「倍速駆動」+「モーションフローXR240」で映像滑らかくっきり

「倍速駆動」とは!?

 映像(動画)はパラパラ漫画と同じ原理でつくられています。上のイラストのように、静止画をたくさん切り替えることでつくられているのです。

1秒間30枚の静止画で構成される「30p」。1秒間60枚の静止画で構成される「60p」などが主流です。

1秒間が「30p」の2倍の静止画で構成される「60p」の方がとうぜん動きが滑らかです。残像も残りづらく、輪郭もはっきりくっきり滑らかに動きます。

映画なんかは「24p」でつくられていますし、「フォートナイト」は「30p」、地デジや「スプラトゥーン2」などは「60p」でつくられています。

「倍速駆動」とは、「30p」を「60p」に、「60p」を「120p」にしてしまうとんでもない技術です。

静止画1枚目と静止画2枚目の間に、1枚目と2枚目の静止画を合成した静止画をつくりだします。

2枚目と3枚目の間にも、3枚目と4枚目の間にも同じように合成をつくりだします。こうして映像の滑らかさを向上させているのです。

そのため、動きの速いアクションゲーム&映画だったり、スポーツの映像なんかも、動きが滑らかかつ、残像少ない見やすい映像で楽しめます。

「モーションフローXR240」とは!?

 腰を高速で回転させて腕をぶらぶら。そのような動きをする人をスマホにて動画撮影すると、はっきりとした残像を撮影できます。

静止画1から静止画2、たった1枚切り替える間に、腕が大きく動いてしまっているがゆえに残像が発生するのです。

まるで瞬間移動です。であれば、静止画1と2の間を真っ暗にして、残像そのものを消してしまえばいいといった発想の技術が、「モーションフローXR240」です。

「倍速駆動」の場合、静止画と静止画の間に、合成した静止画をつくりだしますが、「モーションフローXR240」では、静止画と静止画の間に真っ暗な映像を挟み込みます。

これにより『BRAVIA X8500H』は、1秒間の映像を240枚の静止画で構成します。

そのためどんなに高速な動きをするゲームであっても、はっきりくっきり滑らかな映像でプレイできます。

ガチTPSプレイヤーはBRAVIA X8000Hの方がおすすめ

 「スプラトゥーン2」「フォートナイト」で負けたくない。使う周辺機器も、敵よりちょっとでも有利なものを使って圧倒したい。

そんなガチプレイヤーには、『BRAVIA X8500H』よりBRAVIA X8000Hの方がおすすめです。

「倍速駆動」と「モーションフローXR240」に非対応だからです。

静止画と静止画の間にさらにもう一枚の静止画をつくりだし、1秒間の静止画を2倍、4倍に増やすということは、ほんの少しの遅延を発生させるということです。

0.0083秒~0.033秒程度かもしれませんし、それ以上かもしれません。

「たったそれだけ?」と思い方もいれば、「FPS/TPSゲームにおいてはたったそれだけの遅延であっても致命的だ!」と断言される目と反応速度をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

ですから、Switchに合わせて、できる限り遅延少ない4K/HDR液晶テレビをお求めの方には、『BRAVIA X8500H』ではなく、BRAVIA X8000Hをお勧めします。

スイッチの映像が色鮮やかに染まる

SDRとHDRの違い

 上のイラスト、大げさに差を表現しています。左は安く、4K/HDRではないテレビで、右は『BRAVIA X8500H』です。

三角形の面積の広さと、高さも違います。

『BRAVIA X8500H』に採用される「トリルミナスディスプレイ」は、幅広い色を、きめ細やかかつ奥深く、明るさと暗さで違いを表現できます。

現実により近い色彩表現ができる「トリルミナスディスプレイ」で見る美しい映像だからこそ感動できる物語もあるでしょう。

テレビに搭載されるスピーカーなのに低音の迫力感じる

 薄型テレビ最大の欠点は、個人的にはスピーカーだと考えています。

映像はどこまでも美しくきめ細やかになっていくのに、スピーカーだけはあまり変わっていません。映像と音がちぐはぐ。

大迫力の爆発シーンにもかかわらず、驚くような、重低音響く音が聞こえません。せっかく映像が良くても、映画のように感動できません。

薄っぺらく感じてしまうのです。ですから外部のスピーカーを用意しない限り、映画館のような臨場感と迫力でスイッチのゲームができないわけです。

一方『BRAVIA X8500H』に搭載されるスピーカーは、その他のテレビに比べたら迫力を感じます。

「バスレフ型」と呼ばれる、低音を増幅するタイプの筐体に包まれたスピーカーだからです。

もちろん外部のスピーカーには劣りますが、なくても今まで以上の迫力は感じますので、よりゲームや映画にのめりこむことが可能です。

ゲーム開発者の意図する立体再生を可能とする「Dolby ATOMS」

 ゲーム開発者や映画製作者は、収録した音源に位置情報を記憶させています。左からの音、斜め右上からの音といったように。

「Dolby ATOMS」は、それら音に記憶された位置情報を読み取って、スピーカー構成に合わせた立体音響を実現します。

Switchのゲームは5.1ch再生に対応。もちろんスイッチのゲーム音源そのものが、5.1chや7.1chで収録されているものが少なくありません。

「Dolby ATOMS」はそれらの位置情報を読み取って、『BRAVIA X8500H』に搭載されるステレオスピーカー(左右2つのスピーカー)で、立体音響を再現します。

スピーカー構成に合わせた再生が可能なので、『BRAVIA X8500H』に外部スピーカーを使ったら、また更に違った、より立体的なリアルなサウンドに代わります。

スイッチのゲームの世界に入り込んだような、リアルな感覚で楽しめるテレビです。

eARC対応HDMIだから非圧縮の5.1ch / 7.1chの伝送可能

ARCとは!?

 テレビに搭載されているHDMI端子には、「ARC」に対応しているものと非対応のものとあります。

「ARC」非対応の場合、サウンドバー等の外部のスピーカーシステムに接続する際には2本のケーブルが必要になります。

例えば、SwitchドックとサウンドバーをHDMIケーブルで繋いだとします。この場合スイッチのゲーム音はサウンドバーからなります。

テレビのスピーカーからは音が鳴りません。一方テレビの音や、テレビに接続したBlu-rayやSTBの音はテレビのスピーカーからなります。

テレビ、Blu-ray、STBの音もサウンドバーで聴きたい場合には、HDMIケーブルの他に光デジタルケーブルも接続しなければなりません。

テレビのHDMI端子は、外部の音をテレビに入力するためのものであって、出力できないからです。

しかし「ARC」対応のHDMI端子が搭載されるテレビであれば、音の入力と同時に出力もできます。

そのためサウンドバーとテレビの接続には、ARC対応のHDMIケーブル1本だけあれば大丈夫です。ARC対応だと光デジタルケーブルが不要になるのです。

eARCとは!?

 「eARC」は「ARC」に拡張版です。「ARC」は、テレビに音を送ったり、テレビの音を外に伝送したりと両方できます。

しかし、非圧縮の5.1ch / 7.1chといった、データの重たい音を伝送することができないのです。

どういうことかというと、サウンドバーとSwitchドックをHDMIケーブルで繋いだとします。

一方PS4やBlu-ray、そしてAmazonFireTV等のSTBはテレビのHDMI端子につないで、テレビ経由でサウンドバーに音を出力したとします。

この場合、リニアPCM 5.1ch、Dolby AtmosやDTS:Xの非圧縮音源等のサウンドをサウンドバーに送ることができるのはSwitchドックのみとなります。

サウンドバーと直接HDMIケーブルで繋いだデバイスのみ非圧縮の5.1ch出力が可能で、テレビを経由したものは非圧縮の5.1ch出力は不可能になります。

でも「eARC」対応なら大丈夫。SwitchもPS4もBlu-rayもAmazonFireTVも全部、非圧縮の5.1ch / 7.1ch出力可能です。

スイッチのゲームも映画もBluetoothヘッドホン・イヤホンで楽しめる

 『BRAVIA X8500H』はBluetoothオーディオに対応しています。

そのため、Bluetoothオーディオ非対応のスイッチであっても、TVモード時に気楽にBluetoothヘッドホン・イヤホンでプレイできます。

テレビ番組や映画鑑賞もBluetoothヘッドホン・イヤホンで楽しめるので、夜中であってもケーブルレスでストレスフリーなサウンド体験が可能です。

無線でも有線でも動画配信サービスを楽しめる

 『BRAVIA X8500H』はAndroid TV。Amazon Fire TVなどのセットトップボックスを買わなくても、様々な動画配信サービスを楽しめます。

NETFLIX、YouTube、U-NEXT、TVer、Google Play ムービー&TV、prime video、hulu、dTV、Abema TV、Rakuten TV、DAZN、TSUTAYA TVに対応。

Wi-Fi接続できるので、無線でインターネット接続可能です。もちろん有線接続も可能。

iPhoneとAndroidの動画・音楽・写真をテレビで楽しめる

 『BRAVIA X8500H』は「Chromecast built-in」と「AirPlay 2」に対応しています。

iPhoneやiPad、AndroidスマホやAndroidタブレットの動画・音楽・写真を『BRAVIA X8500H』の大画面とスピーカーでカンタンに楽しめます。

音声でコントロール可能

 『BRAVIA X8500H』は「Google アシスタント」と「Amazon Alexa」に対応しています。

音声にて動画の検索ができるので、手で入力する手間を省けます。

GoogleやAmazonのスマートスピーカーと連携させれば、テレビのボリュームコントロール、電源のオン・オフ、チャンネル切替などもできるので、手を使えないときも便利。

テレビとしての機能もばっちり

4Kダブルチューナー内蔵
4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組同時裏録画が可能
地デジダブルチューナー内蔵&HDD対応
地デジ視聴中に別の地デジ番組をUSB外付けハードディスク(別売)に録画可能
外出先から録画予約
ソニーのスマートフォン向けアプリVideo & TV SideViewを使えば、外出先からでもスマホで録画予約可能

最適なテレビ台の高さと視聴距離

部屋の大きさ

 『BRAVIA X8500H』は4Kなので、フルHDの半分の距離で視聴可能。短い距離でも画質の粗さがわかりません。

テレビの最適な高さは通常目線と同じ高さといわれています。目線が少し下がるくらいが疲れにくい高さです。

視聴距離は、人の視力では画質の粗さがわからない一般的な距離をご紹介します。

上のイラストを部屋の大きさの参考にご利用ください。

※ソファの高さ40cm、座椅子の高さ10cm、座高80cmとして計算。ソファの高さや座高の高さの誤差は、ご自身で計算してご自分に合ったサイズをお選びください。

画面サイズは2種類

  • KJ-49X8500H:49V
  • KJ-43X8500H:43V

KJ-49X8500H:49V

  • テレビ台の高さ(ソファに座る場合):50cm前後
  • 視聴距離:約90cm以上離れる

KJ-43X8500H:43V

  • テレビ台の高さ(ソファに座る場合):55cm前後
  • 視聴距離:約80cm以上離れる

まとめ

  • 4Kアップコンバート
  • HDR10とHLGとDolby Vision対応&HDRリマスター対応
  • 「倍速駆動」+「モーションフローXR240」対応だから動き滑らか&くっきり
  • トリルミナスディスプレイ
  • 「バスレフ型スピーカー」搭載
  • 立体音響「Dolby ATOMS」対応
  • eARC対応HDMI
  • Bluetoothオーディオ対応
  • Wi-Fi接続可能
  • Android TV
  • 「Chromecast built-in」と「AirPlay 2」対応
  • 「Google アシスタント」と「Amazon Alexa」対応
  • BS4K・110度CS4K・地デジ それぞれダブルチューナー
  • 外付けUSBハードディスク対応

『BRAVIA X8500H』の仕様

メーカーSONY(ソニー)
ブランドBRAVIA(ブラビア)
シリーズX8500Hシリーズ
発売日2020年4月18日
画面サイズ
横×縦×幅(cm)[スタンド含む]
【KJ-49X8500H】109.8×64.4×5.8[109.8×69.9×27.9]
【KJ-43X8500H】96.5×56.9×5.8[96.5×62.4×26.4 ]
質量[スタンド含む]:kg【KJ-49X8500H】13.2[13.7]
【KJ-43X8500H】10.8[11.3]
最大解像度4K(3840×2160)
ビット深度(最大表示色)12bit
リフレッシュレート60Hz
HDRHDR10
HLG
Dolby Vision
色域トリルミナスディスプレイ
視野角未公開
高画質高画質プロセッサー「HDR X1」
4K X-Reality PRO
4Kアップコンバート
HDRリマスター
倍速駆動パネル
モーションフローXR240
音響システムバスレフ型スピーカー
Dolby Atmos
クリアフェーズテクノロジー
S-Masterデジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA)フルレンジ×2個
20W(10W+10W)
動画配信サービスNETFLIX、YouTube、U-NEXT、TVer、Google Play ムービー&TV、prime video、hulu、dTV、Abema TV、Rakuten TV、DAZN、TSUTAYA TV
4Kチューナー2
地上デジタルチューナー2
BS/110度CSデジタルチューナー2
録画・
再生機能
USB外付けハードディスク(別売)
機能・
ネットワーク
インターネット対応(Android TV)、IEEE802.11ac/a/b/g/n、音声検索、Google アシスタントbuilt-in、Works with Apple AirPlay、Chromecast built-in、Works with Apple HomeKit、Works with Google アシスタント、Works with Alexa、Video & TV SideView、ブラウザ機能、Wi-Fi Directモード、ホームネットワーク機能(ソニールームリンク)、Bluetooth(HID/HOGP/SPP/A2DP /AVRCP)
端子コンポーネント入力端子×1
ビデオ入力端子×1
HDMI入力端子×4(3840×2160:4K 60p 4:4:4、4:2:2、および4K 60p 4:2:0 10bit対応、eARC対応)
光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3/DTS)×1
ヘッドホン出力端子×1(φ3.5ミニジャック)
USB端子×3
USBLAN端子(100BASE-TX/10BASE-T)
消費電力(W)【KJ-49X8500H】159[0.5]
【KJ-43X8500H】139[0.5]
年間消費電力量(kWh/年)【KJ-49X8500H】147
【KJ-43X8500H】134
転倒防止構造
クレジットCopylight 2020 Sony Corporation, Sony Marketing Inc. (公式サイトの情報をもとに記述しています。)
SONY BRAVIA X8500H
最新情報をチェックしよう!