【Nintendoスイッチドック】の故障を防ぐ!USBケーブルの選び方

 Nintendo Switchドック(以下スイッチドック)に搭載されるUSBポートと、Joy-Con充電グリップや、Nintendo Switch ProコントローラーをUSBケーブルでつなげると、充電することができます。

同じく、市販のモバイルバッテリーと、Joy-Con充電グリップや、Nintendo Switch Proコントローラー、さらにスイッチ本体をUSBケーブルでつなげても、充電可能です。

「でも、付属の USB充電ケーブル(HAC-010)は 1.5mと短くて不便だな」と感じていらっしゃる方は少なくないでしょう。

外出先にてスイッチ本体を充電するために、モバイルバッテリー及びUSBケーブルの購入をお考えの方もいるでしょう。

また長く使っていることで、 付属の USB充電ケーブル(HAC-010) が故障して買い換えたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、適切なUSBケーブルで接続しなければ、スイッチドックもしくはモバイルバッテリーが故障してしまう恐れがあります。

ひどい場合には発火する恐れまであるというのです。怖いですね。

「ならどのUSBケーブルであればいいの?」とUSBケーブルに詳しくない方向けに、スイッチに適切なUSBケーブルの選び方をご紹介したいと思います。

USB Type-A to Cが必要

スイッチ・Joy-Con充電グリップ・Nintendo Switch ProコントローラーのUSB充電

 USB Type-A to Cとは上のような画像のケーブルのことを言います。Joy-Con充電グリップや、Nintendo Switch Proコントローラーを買うと一緒についてきます。

USB Type-A to Cがあれば、スイッチドックやモバイルバッテリーのUSBポートとJoy-Con充電グリップまたはNintendo Switch Proコントローラーをつなげて充電できます。

ただし、USB Type-A to Cであればなんでもよいわけではないことに注意。適切な USB Type-A to C ケーブルを使わなければ、スイッチドックまたはモバイルバッテリーが故障する恐れがあります。

任天堂パーツ販売にて USB充電ケーブル(HAC-010) を買う

 これが最も安心かつ確実な USB Type-A to C ケーブル です。

なぜなら、スイッチ本体とJoy-Con充電グリップNintendo Switch Proコントローラーの充電用途として、正しく動作することが保証されたケーブルだからです。

しかも、任天堂のUSB充電ケーブル(HAC-010)には、任天堂のロゴもあしらわれています。

ただし、他のメーカーが販売する USB Type-A to C ケーブル に比べて高価なこと、そして長さが1.5mとモンスターボール Plusに付属される30cmの短いものしか販売されていないところがネックになります。

オンラインショップで買うなら「USB 3.0 a c ケーブル 56k」と検索

 Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのオンラインショップで買うなら「USB 3.0 a c ケーブル 56k」と検索しましょう。

商品ページでチェックする項目は「USB 3.0」「56Kオーム/56kΩ」。2つの記載がある USB Type-A to C ケーブル を購入しましょう。

なぜ 「USB 3.0」 なのか?

 スイッチドックは、現時点で「USB 2.0」ですが、公式ページに「 ※USB2.0で動作します。今後のアップデートでUSB3.0に対応する予定 」と記載あるためです。

「USB 3.0」のケーブルであっても「USB 2.0」と互換性があるので、何ら問題なく動作します。

「USB 3.0」と「USB 2.0」の違いはデータの転送速度です。「USB 2.0」より「USB 3.0」の方が約10倍も高速にデータ転送できます。

なので、今後もしスイッチドックが「USB 3.0」にアップデートした際には、ケーブルを変更しなくても、快適なデータ通信が可能になります。

なぜ 「56Kオーム/56kΩ」 なのか

 USB Type-AよりUSB Type-Cの方が後にできただけあって高性能です。たくさんの電気を流すことが可能で、データ転送速度も高速です。

しかしJoy-Con充電グリップNintendo Switch Proコントローラーを充電する必要な USB Type-A to C ケーブル は、性能低い USB Type-A と、性能高い USB Type-Cがくっついている製品です。

問題は、 USB Type-Cの性能に合わせてケーブルをつくってしまうと、USB Type-Aポートに無理をさせることになるので、故障を招く恐れがあるのです。

そこで、 USB Type-Aに合わせた電気の流れに減らす必要があり、大きな抵抗を設ける必要があるのです。

ですから、安全なUSB Type-A to C ケーブル は、10Kオームでもなく、22Kオームでもなく、56Kオームのものを購入する必要があります。

本来、56KオームのUSB Type-A to C ケーブルのみ販売されていなければならないので、書いてなくても大体は56Kオームだと推測されます。

しかし残念ながら、中には56Kオームの抵抗ではない USB Type-A to C ケーブル も販売されていますので、しっかり 56Kオーム と記載ある製品を購入するほうが無難です。

実際、スイッチの公式サイトにも「 市販のUSBケーブルで接続する場合は「56kレジスタ(抵抗)」の実装されたケーブルをご使用ください。 」と記載あります。

また、「 適切なケーブルを使用されない場合、機器の故障原因となる場合があります。 」とも記載あります。

おすすめの USB Type-A 3.0 to C 56Kオーム ケーブル

まとめ

  • 任天堂パーツ販売で売ってる純正の USB充電ケーブル(HAC-010) が一番安心
  • オンラインショップで買うなら「USB 3.0 a c ケーブル 56k」と検索
  • アップデート予定なのでUSB 3.0がおすすめ
  • 「56Kオーム/56kΩ」と記載ある製品を買ったほうが無難
スイッチ製品の充電USB Type-A to C
最新情報をチェックしよう!