【Switch/スイッチ】有線LANインターネット接続メリット デメリット

スイッチは基本 無線でインターネット接続

 スイッチはWi-Fi対応。インターネット接続すると、遠く離れた友だちや世界中のプレイヤーと一緒に、スイッチのゲームをすることができます。

また、ニンテンドーeショップにて24時間、ゲームソフトを購入&ダウンロードできるようになります。

スイッチにてインターネットに接続するには、インターネット環境のほか、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が必要です。

光回線などのインターネット回線を契約されている方でしたら、無線LANルーターも一緒に家にあるかと思います。

あとはスイッチにてインターネット接続の設定をするだけ。この時点で可能なインターネット接続は無線(Wi-Fi)での方法だけ。

ですからスイッチの場合、多くの方が無線でインターネット接続しているかと思います。

有線LANアダプターがあればスイッチでも有線LAN接続できる

 スイッチドックには、USB Type-Aポートはあっても、有線LANポートがありません。ですから有線LANケーブルを差し込むことはできません。

スイッチ本体とSwitch Lite本体には、有線LANポートだけでなく、USB Type-Aポートもありません。あるのはUSB Type-C。

そのため、インターネット環境が整っていても、スイッチ本体 or Switch Lite本体だけ購入しただけでは、有線LAN接続できません。

ですが、有線LANポートを外部接続にて追加することは可能です。この方法はスイッチ公式でも認められており、スイッチ本体で設定変更も可能です。

何が必要なのかというと、「有線LANアダプター」と名のついた製品です。

接続タイプには、USB Type-AとUSB Type-Cとあり、前者はスイッチドックに、後者はスイッチ本体&Switch Lite本体に直接接続可能です。

USB Type-AとUSB Type-Cの変換アダプターも一緒に購入すれば、本体(刑携帯&テーブルモード)とスイッチドック(TVモード)両方で使えるようにもできます。

ただし、「有線LANアダプター」であればすべてスイッチで使えるわけではないので注意。むしろ、ほとんどがスイッチで非対応です。

理由は「有線LANアダプター」に採用されている頭脳(チップセット)に種類があるからです。

AndroidとiOSの違いみたいなものだと考えてもらうとわかりやすいかと思います。Android専用のアプリはiOSでは動作しないみたいに考えてくれたらよいかと思います。

スイッチに対応している頭脳(チップセット)を採用している「有線LANアダプター」の数が少ないので、よく確認書ましょう。

確認するポイントは、スイッチに対応しているかどうか、動作確認済かどうか。

検索する際には「Switch対応 LANアダプター」や「Switch動作確認 LANアダプター」などと検索して、しっかり動作確認済と記載あるものを購入しましょう。

有線LAN接続するメリット

 スイッチもSwitch Liteも、無線(Wi-Fi)にてインターネット接続することが可能です。

ではなぜスイッチ公式は、わざわざ有線LAN接続の方法も用意して、その説明ページまで用意したのでしょうか。

もちろん、無線LAN接続にはないメリットがあるからです。

遠く離れた友だちや世界中のプレイヤーと一緒にゲーム可能なオンラインマルチプレイ対応ゲームソフト。

対戦したり協力プレイが可能になりますが、ゲームの世界では、オンラインマルチプレイする場合には有線LAN接続が当たり前といってもいいほどに有線LAN接続が求められています。

オンラインマルチプレイ中のラグや回線落ちが減る

 最近は少なくなりましたが、スマホの電波状況が悪くて電話できないとか、メール・LINEを受信できないとか、そんな経験がだれしもにあるかと思います。

それと同じで、電波(無線)を使うからには、通信はいつでもいろいろなものからの妨害を受け、不安定な状況に追い込まれます。

ボイスチャットしているとフレンドの中には、回線が落ちたとか、ラグいとか、そういったことをよく発言される方がいらっしゃるかと思います。

回線落ちとは

 回線落ちとは、インターネット接続が切断されてしまうこと。切断されてしまうので、そのプレイヤーが操作するキャラクターが画面から急に消えます。

スプラトゥーン2にて、回線落ちして煙のように消えてゆくプレイ動画集を公開しているユーチューバーなんかもいるくらいによくあります。

ラグいとは

 ラグいとは、回線や電波状況が悪く、もしくは回線の通信容量を大きく超えるようなデータのやり取りによって、動きが鈍く見える様を表す言葉です。

ラグいあとによく回線落ちする

 多くの方は「ラグい!ラグい!」と叫んだかと思うと、「あ、止まった!回線落ちた!」といったように、動きがゆっくりになり、とうとう止まって、最後には回線落ちしていく様子が、見たり聞いたりしているだけでもわかります。

有線LAN接続は壁・物、電子レンジ・Bluetoothの影響を受けない

 有線LAN接続の場合、電波(無線)状況の悪化による回線落ちやラグの心配はかなり減ります。

壁やものなどの物理障害、電子レンジやBluetoothなどの電波障害の影響を受けないからです。

有線LAN接続時に通信が不安定になるとしたらそれは、多くの場合インターネット回線の通信容量を大きく超えるデータのやり取りがあった場合に限定されます。

回線落ちやラグの回数が断然減るのです。

ラグや回線落ちが減ったほうが対戦ゲームで勝てるしフレンドに迷惑が掛からない

 オンラインマルチプレイでは、複数人で一生にゲームすることになりますので、大体は、対戦か協力プレイするタイプのものです。

チーム戦であれば、協力と対戦と両方の要素があります。

このようなオンラインマルチプレイ中に、ラグや回線落ちが発生するとどうなるでしょうか。

対戦であれば、ラグのせいで負けが増えます。協力であれば、ラグによりフレンドに迷惑をかけ、回線落ちしたら、1人少ない状況で戦いを継続させることになります。

ラグと回線落ちが多いと、自分が不利になるだけでなく、フレンドもろとも不利な状況に追い込み、迷惑をかけることになるのです。

ゲームソフトのダウンロード時間の短縮ができる

スイッチのゲームソフトにはパッケージ版とダウンロード版がある

 スイッチのゲームソフトは、パッケージ版とダウンロード版と2種類あります。数はダウンロード版の方が圧倒的に多いです。

大体がパッケージ版とダウンロード版両方で発売されていて、ダウンロード版のみのものも少なくありません。

パッケージ版のみのゲームソフトもあるようですが、ちょっと見たことがありません。それくらいにダウンロード版の方が多いです。

ですからパッケージ版派の方であっても、欲しいゲームがダウンロード版のみの対応であれば、ダウンロード版を購入せざるを得ないわけです。

ダウンロードに時間がかかる無線LAN接続

 ゲームソフトをダウンロードする場合、通信が不安定な無線LAN接続にて行うと、ダウンロードにとても時間がかかります。

無線LAN接続は、インターネット回線そのものの影響はもちろん、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の性能、ルーターの置いてある場所、ルーターとの距離、ルーターとスイッチとの間にあるもの、さらには電子レンジやBluetoothなど、様々な影響を受けます。

こうして最大限の通信速度が出せず、不安定な状況でゲームソフトをダウンロードするので、時間がかかるのです。

室内環境から影響をほとんど受けない有線LAN接続

 一方有線LAN接続であれば、インターネット回線そのものの影響の他、LANケーブルのバージョンや質の影響くらいしか受けません。

Wi-Fiの性能、ルーターの置いてある場所、ルーターとスイッチとの間にあるもの、電子レンジやBluetoothなんかの影響とは無縁です。

ルーターとの距離だけは、遠すぎるとLANケーブルが長くなりすぎるので、5mを超えてくると、影響ないとは言えなくなってくるので注意。

そんなわけで有線LAN接続であれば、安定した高速通信のままゲームソフトのダウンロードが可能。

多くの場合有線LAN接続に変えただけで、ダウンロード時間を短縮できます。

有線LAN接続するデメリット

 有線LAN接続する場合のデメリットをカンタンにご説明すると、無線LAN接続(Wi-Fi)時のメリットがすべて失われるということになります。

有線LAN接続のメリットは、無線LAN接続にとってはデメリットであり、有線LAN接続のデメリットは、無線LAN接続にとってのメリットだということです。

お部屋がケーブルでごちゃごちゃして掃除しにくくなる

 スマホやゲーム機、テレビにPCなど、すべてのデバイスに無線LAN接続(Wi-Fi)することができたなら、だいぶケーブルを削減することができるでしょう。

ケーブルが減ればお部屋がすっきりします。テレビや家具の裏にケーブルがなくなるわけですから、掃除もしやすくなります。

しかし有線LAN接続が増えると、その分ケーブルが増えるわけですから、お部屋がごちゃごちゃします。掃除もしにくい。

テーブルモード時の有線LAN接続はケーブルが邪魔

 スイッチもSwitch Liteもテーブルにおいて2人以上でゲームすることができるテーブルモード対応です。

※Switch Liteのテーブルモードには別途ジョイコンが必要。

無線LAN接続(Wi-Fi)にてテーブルモードをする場合、ケーブルは本体に1本も接続されていません。

一方有線LAN接続となると、LANケーブルが本体に接続されます。なのでケーブルが邪魔ですし、ケーブルが移動に制限をかけます。

自由に移動できず、ケーブルが伸びない場所にてテーブルモードのゲームする場合には結局、無線LAN接続(Wi-Fi)に戻ることになります。

別途お金が発生する

 スイッチにて無線LAN接続(Wi-Fi)する場合には、別途なにも購入する必要はありません。

インターネット環境と無線LANルーター(Wi-Fiルーター)だけあれば、すぐにでもインターネットに接続できます。

一方有線LAN接続では、最低でも「有線LANアダプター」と「LANケーブル」を購入しなければなりません。

ルーターにLANポートの空きがなければ、「スイッチングハブ」と呼ばれる、ルーターにLANポートを増やす機器も買わなければなりません。

スイッチにて有線LAN接続するには、2,000円前後のお金が必要になります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!